あまねく人々にひらかれた私設公民館

喫茶ランドリー

 

*2018グッドデザイン賞ベスト100
*2018グッドデザイン特別賞グッドフォーカス[地域社会デザイン]賞
*第6回リノベーション・オブ・ザ・イヤー無差別級部門最優秀賞

 
キーワード:マンション、集合住宅、住宅地、コミュニティ
 
 「喫茶ランドリー」は、弊社が企画を行い2018年1月から運営している“まちの家事室”付きの喫茶店です。オープン以来、0歳から高齢者の方まで、主婦からサラリーマンまで、地域のさまざまなひとびとに利用されています。
 
 特徴的なのは、お店の奥に洗濯機や乾燥機、ミシンやアイロンなどが備えられている“まちの家事室”をはじめ、店内には4つの特徴的な空間がつくられてることです。ベビーカーも犬も車椅子も入店OK。「どんなひとにも、自由なくつろぎ」というコピーの通り、お客さまには、自由に過ごしていただいています。空間やサービスは効率化ではなく、人とコミュニケーションが生じるよう設計デザインしました。結果、ここでは日々、大小さまざまな活動に利用され、その合間に、自然と知らない人同士の会話が生まれ、コミュニティが育まれています。
 
 少子高齢化社会において、「喫茶ランドリー」のように“あまねく人々”にひらかれた場所が各地域にあるべきだと私たちは考えています。オープン以来、国内の市区町村、まちづくり系企業、国内外の医療福祉系・在宅医療系の方々からも視察をいただいているのは、その可能性を皆さんと共有できはじめていることかもしれません。
 
 また、「喫茶ランドリー」は、私たちが考えるグランドレベルのプロトタイプでもあります。例えば、マンションや団地の1階に、役所の1階に、オフィスの1階に、美術館の1階に、公園や川辺に…… いろんな場所にフィットさせることができます。
 
 あなたの街に「喫茶ランドリー」をつくりませんか? 私たちは、想いのある事業者にノウハウをお伝えしながら、フランチャイズとしての「喫茶ランドリー」を全国に増やしていくことができればと考えています。
 
日々の様子は、instagramをご覧ください
https://www.instagram.com/kissalaundry/
 
関連記事
「喫茶ランドリー」はどうしてヤバい?市民の能動性を引き上げ、受け入れる。グランドレベルの壮大な実験がはじまりました。
「喫茶ランドリー」多様な人が自由に楽しむ空間の作り方(HOME'S PRESS)
 

一階コンサルティング:株式会社グランドレベル
事業主体:株式会社グランドレベル
設計・監理(一階内装):ブルースタジオ+石井大吾デザイン室一級建築士事務所
設計・監理(建物全体):ヤマサキアトリエ一級建築士事務所
不動産コンサルティング: 創造系不動産
施工: ルーヴィス、丸喜 株式会社 齋藤組

 

 

Ground Level × Acttiveness


1階づくりサポート 

喫茶ランドリー事業

集住の1階づくり

再開発まちづくり

パブリックハウス

ベンチでまちづくり

コミュニティ醸成

公園リノベーション

パーカナイズ

グランドビジョン策定

パブリックスペース活用

日常型観光づくり

広報メディアづくり

グランドレベル研究所 

講演・モデレーション