田中 元子

Motoko Tanaka
 

代表取締役社長

 

 
 
 

(たなか・もとこ)1975年、茨城県生まれ。独学で建築を学び、2004年、大西正紀と共に、クリエイティブ・ユニットmosakiを共同設立。建築やまち、都市などの専門分野と一般の人々ととをつなぐことを探求し、建築コミュニケーター・ライターとして、主にメディアやプロジェクトづくり、イベントのコーディネートやキュレーションなどを行ってきた。
 
2010年より「けんちく体操」を広める建築啓蒙活動を開始。同活動は、2013年に日本建築学会教育賞(教育貢献)を受賞。2012年より、ドイツ、南アフリカなど、海外へと活動を広げる。2014年、毎号2万字インタビューを3万部印刷し、全国の建築系教育機関等へ無料配布する建築タブロイドマガジン『awesome!』を創刊。同年、都会の遊休地にキャンプ場を出現させる「アーバンキャンプ・トーキョー」を企画・運営(協同)。同年、『建築家が建てた妻と娘のしあわせな家』(エクスナレッジ)を上梓。
 
2015年よりプロジェクト『パーソナル屋台が世界を変える』を開始。2016年、株式会社グランドレベルを設立、代表取締役社長。2018年、『マイパブリックとグランドレベル』建築家が建てた妻と娘のしあわせな家』(晶文社)を上梓。

大西 正紀

Masaki Onishi
 

リサーチャー/ディレクター

 

 
 
 

(おおにし・まさき)1977年、大阪府生まれ。2001年、日本大学理工学部建築学科卒業。2003年、日本大学大学院理工学研究科建築学専攻修士課程前期修了(高宮眞介研究室所属)。修士設計にて駿建賞受賞。

 
その後渡英し、2003〜2004年、設計事務所 Ushida Findlay Architects UKに勤務。帰国後、田中元子と共に、クリエイティブ・ユニットmosakiを共同設立。編集者・建築家・クリエイティブディレクターとして、主にメディアやプロジェクトづくり、イベントのコーディネートやキュレーションなどを行ってきた。
 
2004〜2006年、日本大学理工学部建築学科助手。2016年、株式会社グランドレベルの創業に参画。グランドレベルリサーチャー兼ディレクター。日々、世界のベンチからパブリックスペースの活用、都市計画まで、グランドレベルの視点で世界の事例を研究している。

チーム グランドレベル

 

魅力的なグランドレベルをつくるためには、法規から税制、看板の大きさひとつから、家具や食器、ロゴやブランディング、そしてパブリックマインドを持った人たちのリーシングに至るまで、さまざまなレベルでの「デザイン」が必要となります。
 
私たちは、これらを最良のバランスでつくるため、プロジェクトごとに下記のような専門家たちを外部パートナーとしてチームを組み、取り組みます。2004年から、建築メディアづくりを行ってきた際に構築したネットワークを活かします。
 

デザイナー、建築家、アートディレクター、家具デザイナー、まちづくり専門家、ウェブデザイナー、 ランドスケーパー、不動産専門家など

会社概要

社名:株式会社グランドレベル
(GROUND LEVEL INC.)
 
設立:2016年9月1日
 
代表:田中 元子
 
資本:1,000,000円

住所:130-0025
東京都墨田区千歳2-6-9
イマケンビル1階
喫茶ランドリー内
 
駅からのアクセス
・森下駅(大江戸線・新宿線)A2出口より徒歩5分(450m)
・両国駅(JR総武線)東口より徒歩9分(800m)
 
東京駅からのアクセス
・東京駅 日本橋口よりタクシーで10分(3.2km)

マップ