ABOUT

株式会社グランドレベルは
「1階づくり」専門の会社です。
 
1.建物・インテリア・外構などの「ハード」
2.何を提供し、何が許されるかという「ソフト」
3.心に寄り添い人を突き動かす「コミュニケーション」
 
私たちは、これらを一体でデザインし、その建築や施設、そこに暮らす人々やまち全体が、よりアクティブなものへと成長していく「1階づくり」を行っていきます。
 

さまざまなグランドレベル(1階)が対象です


People

 

田中 元子

Motoko Tanaka
 

代表取締役社長

 
 
(たなか・もとこ)1975年、茨城県生まれ。独学で建築を学び、2004年、大西正紀と共に、クリエイティブ・ユニットmosakiを共同設立。建築やまち、都市などの専門分野と一般の人々ととをつなぐことを探求し、建築コミュニケーター・ライターとして、主にメディアやプロジェクトづくり、イベントのコーディネートやキュレーションなどを行ってきた。
 
2010年より「けんちく体操」を広める建築啓蒙活動を開始。同活動は、2013年に日本建築学会教育賞(教育貢献)を受賞。2012年より、ドイツ、南アフリカなど、海外へと活動を広げる。2014年、毎号2万字インタビューを3万部印刷し、全国の建築系教育機関等へ無料配布する建築タブロイドマガジン『awesome!』を創刊。同年、都会の遊休地にキャンプ場を出現させる「アーバンキャンプ・トーキョー」を企画・運営(協同)。
 
2015年よりプロジェクト『パーソナル屋台が世界を変える』を開始。2016年「1階づくりはまちづくり」をモットーに「人・まち・日常」をアクティブにする株式会社グランドレベルを設立。2018年市民の能動性を最大限に高める1階づくりとして「喫茶ランドリー」をオープンし、グッドデザイン特別賞グッドフォーカス[地域社会デザイン]賞、リノベーションオブザイヤー無差別級部門最優秀賞を受賞。主な著書に、『建築家が建てた妻と娘のしあわせな家』(エクスナレッジ)、『マイパブリックとグランドレベル』(晶文社)。
 

大西 正紀

Masaki Onishi
 

リサーチャー/ディレクター

 

(おおにし・まさき)1977年、大阪府生まれ。2001年、日本大学理工学部建築学科卒業。2003年、日本大学大学院理工学研究科建築学専攻修士課程前期修了(高宮眞介研究室所属)。修士設計にて駿建賞受賞。

 
その後渡英し、2003〜2004年、設計事務所 Ushida Findlay Architects UKに勤務。帰国後、田中元子と共に、クリエイティブ・ユニットmosakiを共同設立。編集者・建築家・クリエイティブディレクターとして、主にメディアやプロジェクトづくり、イベントのコーディネートやキュレーションなどを行ってきた。
 
2004〜2006年、日本大学理工学部建築学科助手。2016年、株式会社グランドレベルの創業に参画。グランドレベルリサーチャー兼ディレクター。日々、世界のベンチからパブリックスペースの活用、都市計画まで、グランドレベルの視点で世界の事例を研究している。


History

第1期(1999 - 2003)

 

クリエイティブアクティビストとして

 
1999年、田中と大西が出会い、東京表参道に建っていた「同潤会青山アパートメント」の保存再生運動「DO+」を主宰。日本一アノニマスな人々に愛されていた建物を通して、設計者、デベロッパー、地権者、周辺住民、第三者など、さまざまな立場のひとびととの対話を重ねる。建築やまちの成り立ちの複雑さを体現し、ウェブメディアや展覧会等で発信。新聞やテレビなど多くのメディアに取り上げられた。
 

 主なプロジェクト
【主宰】DO+同潤会アパートメント(1999)
【展覧会】「DO+ Puddle Puzzle vol1.青山アパート写真画展」(2002/東京表参道)
【書籍】『リノベーションスタディーズ第三の手法』(2003/INAX出版/共著)

第2期(2004 - 2010)

 

建築の楽しさを伝えるために

 
その後、1年間のロンドン生活を経て帰国。日本と海外における、建築・まちと市民との関係の違いを痛感し、建築やまちの楽しさを一般の人々に伝えることを目的にmosaki(モサキ)を主宰。以降、書籍、雑誌、イベントなどのメディアづくりを中心に活動を行う。この間、数多くの建築家やデザインに関わる方々にインタビューを行った。
 

【連載】「mosakiのイベント巡礼」(日経アーキテクチュア/2005-)、「妻・娘から見た建築家の自邸」(雑誌ミセス/2009-2011)
【雑誌特集】日経アーキテクチュア:「グラフィカルアーキテクチュア」、「洗練される“欲望の建築“」、「異業種シェアオフィス」、「建築写真をめぐる15の問い」ほか
建築ノート:03,04,06,08号 菊竹清訓、藤本壮介、迫慶一郎、原研哉、CAt(小嶋一浩+赤松佳珠子)ほか
【編集】『家のワークショップ』(ワールドフォトプレス)、建築の力シリーズ(藤森照信・伊東豊雄・山本理顕/INAX出版)
【共著】『建築学生のためのハローワーク』(彰国社)

第3期(2010 - 2014)

 

人と建築をつなぐためにできること

 
執筆、編集、デザインの仕事の一方で、言語も年齢も関係なく、誰もが楽しめる建築の市民啓蒙活動「けんちく体操」に参画。書籍出版をきっかけにテレビなど100以上のメディアに出演。多くの評価をいただくと同時に、国内にとどまらず、ドイツのバウハウス大学や南アフリカダーバンへと、その活動を広げていった。ドイツ、オランダ、南アフリカ・ダーバン、ドバイ、アブダビなど、この時期に、世界のさまざまな都市に触れたことも、グランドレベル設立へ向けた大きなきっかけとなった。
 

【受賞】2013年日本建築学会教育賞(教育貢献)(2013)、第1回JIAゴールデンキューブ賞特別賞(2011)
【編集】『けんちく体操』『けんちく体操 首都高ドライブ編』(エクスナレッジ)『建築家の絵本シリーズ「くうねるところにすむところ」』(西沢立衛、乾久美子、全10冊平凡社)『新しい建築のみかた』(著:斎藤公男)『日本のカタチ2050』(著:竹内昌義×馬場正尊×マエキタミヤコ×山崎亮)『図解エコハウス』(エクスナレッジ)特集「触発し合って働く共有オフィス」(日経アーキテクチュア)ウェブマガジン「雨のみちデザイン」創刊
【講演】「子どもと建築:けんちく体操」(UIA東京2011)「第4回国際ンシンポジウム Communicating Architecture to Children and Youth」(2012/ドイツ・ワーマール)
【書籍】『建築家が建てた妻と娘のしあわせな家』(2014|エクスナレッジ)。「まち建築」(彰国社)

第4期(2014 - 2016)

 

2016.01 起業の半年前、デンマーク・コペンハーゲンのゲールアーキテクツを表敬訪問.会社設立に至るプロセスと今後についてレクチャーをさせていただきました.

 

2016.09.01 株式会社グランドレベル設立記念パーティーをアーツ千代田3331にて開催.都市・まち・建築に関わる多くの方々に来場いただきました.

 

まち・都市へ グランドレベル設立

 
2014年よりダイレクトにまちや都市、ひとに関わるプロジェクトに重点をシフトさせ、都市部の遊休地にキャンプ場を出現させる「アーバンキャンプ」や、個人がフリーで振る舞う「パーソナル屋台」ワークショップを全国に展開。2016年「1階づくりはまちづくり」をモットーとした株式会社グランドレベルを設立。2018年市民の能動性を最大限に高める1階づくりの新しいカタチとして「喫茶ランドリー」をオープン。また、ほぼ同時に、著書『マイパブリックとグランドレベル —今日からはじめるまちづくり』(2018|晶文社)を上梓。
 

【プロジェクト】
2014/11/1-3 「アーバンキャンプ」第一回開催
*以後、東京電機大学跡地から、アーツ千代田3331、呉市、国立近代美術館へと展開
【プロジェクト】
2015/10/01 「パーソナル屋台ワークショップ」第一回開催
*以後、全国へ展開1000人以上が参加していくことに
【社会実験】
2015/11/7 UR×ゲール・アーキテクツ 大手町川端緑道プレイスメイキング社会実験調査参加
【会社設立】
2016/9/1 株式会社グランドレベル設立
【社会実験】
2017/10/23-29 神田警察通り賑わい社会実験2017「神田ベンチプロジェクト」
【出版】
2017/12/4 『マイパブリックとグランドレベル』(晶文社)発刊
【プロジェクト】
2018/1/5 「喫茶ランドリー」オープン
【受賞】
「2018グッドデザイン賞ベスト100」選出
【受賞】
2018/10/31 「2018グッドデザイン特別賞グッドフォーカス[地域社会デザイン]賞」受賞
【受賞】
2018/12/13 「リノベーション・オブ・ザ・イヤー2018 無差別級部門最優秀賞」受賞

Team

デザイナー、建築家、アートディレクター、家具デザイナー、まちづくり専門家、ウェブデザイナー、 ランドスケーパー、不動産専門家など

魅力的なグランドレベルをつくるためには、法規から税制、看板の大きさひとつから、家具や食器、ロゴやブランディング、そしてパブリックマインドを持った人たちのリーシングに至るまで、さまざまなレベルでの「デザイン」が必要となります。私たちは、これらを最良のバランスでつくるため、プロジェクトごとに左のような専門家たちを外部パートナーとしてチームを組み、取り組みます。2004年から、建築メディアづくりを行ってきた際に構築したネットワークを活かします。


Corporate profile

 
社名:株式会社グランドレベル
(GROUND LEVEL INC.)
 
設立:2016年9月1日
 
代表:田中 元子
 
資本:1,000,000円

住所:130-0025
東京都墨田区千歳2-6-9
イマケンビル1階 喫茶ランドリー内
 
駅からのアクセス
・森下駅(大江戸線・新宿線)A2出口より徒歩5分(450m)
・両国駅(JR総武線)東口より徒歩9分(800m)
 
東京駅からのアクセス
・東京駅 日本橋口よりタクシーで10分(3.2km)

マップ