SERVICE

グランドレベルのサービス


どんなひとにも自由なくつろぎ。過ごす人、使う人、地域の人、運営をする人…… その「場」に関わるあまねく人々が、人間らしい幸福・健康を得ることを私たちは目指します。
 
そのための3つのデザインを大切にします。誰もが関わりたくなる、愛着を持てるハード(空間)のデザイン、さまざまなことが許されるソフト(秩序)のデザイン、それらを取り持つコミュニケーション(関与)のデザインです。「人間らしい喜びの発露」へつながる「デザイン」を、小さな軒先から大きな施設、また都市計画まで、さまざまなレベルに対応させ、よりよい環境づくりをサポートしていきます。


・土地・建物の再生
・喫茶ランドリー事業
・地域の拠点づくり
・コミュニティの再生
・ベンチでまちづくり
・屋外家具のデザイン

・施設ごとの1階の発明
・集合住宅の1階づくり
・住宅設計/宅地開発
・施設・再開発の発明
・まちづくりマネジメント
・施設運営マネジメント

・社会実験の設計・運営
・プレイスメイキング
・公共空間活用
・遊休地の活用
・公園リノベーション
・歩行空間のデザイン

・グランドビジョンの策定
・日常型観光プロデュース
・CSRプロジェクト

 

 


グランドレベルは、小さなベンチからインテリア、建築物から都市、イベントの企画から観光戦略まで、あらゆるものを設計・デザインします。クライアント、コミュニティ、行政と協力して、ポジティブな変革を構想し、実現します。新しい生活のための公共スペース・公園の設計、建造物の転用、これから求められる施設や住宅の発明なども行います。
 
グランドレベルには、私たちが果たすべき固有の役割とプロジェクトを満たすためのさまざまな専門知識があります。すべてのプロジェクトに創造性、機知、技術力をもたらし、生まれるコミュニティに永続的な前向きな変化をもたらします。そこが最大の強みです。


サービス 3つのポイント

 
 私たちは、「ハードウェア」「ソフトウェア」「オルグウェア(コミュニケーション)」の3つのポイントに重点を置くことで、クオリティの高いグランドレベルを実現していきます。どうして大切なのかを少し解説。

1
HARDWARE

1. ハードの設計・デザイン


ハードやモノのデザインは、とても大切です。洗練させたデザインは人を緊張させ、簡素なデザインは人の活動を抑制します。グランドレベルは、人をリラックスさせて活動的になれる、手を加えたくなる環境をデザインします。建築、外装、ランドスケープ、インテリア、家具、食器、雑貨等、すべての要素を総合的に調和させ、完成後、使われ続けることで成長していける物理的環境をつくります。たった数センチの段差、ちょっとした壁紙の柄ひとつで、人の気持ちや行動は圧倒的に変わるもの。だからこそ、繊細に扱いデザインのジャッジを行っていきます。


2
SOFTWARE

2. ソフトのデザイン


ソフトのデザインとは、そこが何を行い、提供する「場」なのかというプログラムを規定すること。しかし、そのセレクトや組合せを間違うと、関わる人々の行動や欲望を抑制し、「場」のポテンシャルを下げてしまいます。日本にはそのようなものが溢れていますが、グランドレベルは、常にその「場」の可能性を最大限にひろげておきます
 
そのために「何が許される場所であるか」をクライアントと共に考えていきます。「許すことの哲学」は、竣工後のその「場」の秩序(空気)へとつながり、関わる人々をよりアクティブに変化させていくことになります。(だからこそ、これは例えば、カフェをつくる、と決めることよりも大切なことなのです)
 
私たちが整えるのは、心地良く自分たちの想いを載せられるプラットフォーム。そして、竣工はゴールではなくスタートです。その「場」に関わる人たち、周辺に暮らす人たちの「小さなやりたい」が種となり、それらが「ソフト」となり常に変化し続けていきます。その状況こそ、人間の生活をより豊かにしていきます。


3
COMMUNICATION

3. コミュニケーションのデザイン


人間らしくイキイキと変化し続ける「場」であり続けるには、実はソフトとハードを取り持つ人間によるコミュニケーションがなければ実現しません。世界を巡り、私たちはそのことに気づきました。
 
日本社会では、多くの人は何らかの演者となっています。ある人はお店の人を、ある人は消費者を自然と演じています。人間にとってよりアクティブな状況をつくるには、その窮屈さを取り除き、私たちが「ひとりの純粋な人間」に戻り、自分自身も「小さなプレイヤー」だと気付くプロセスが必要です。
 
グランドレベルは、ワークショップなどのプログラムや対話などを通して、フラットなコミュニケーションの関係をデザインし、互いの“小さなやりたい”を想い応援し合える状況をつくり出していきます。ソフトとハードは相乗的に変化し合い、施設やプロジェクトがさらに輝きはじめます。

 

弊社がデザインする施設系のプロジェクトでは、「喫茶ランドリー」での研修を必須とすることで、そのでの体験からコミュニケーションの在り方を学んでいただくことが、他社にはない大きな特徴になっています。


サービスの流れ

 
 下の図は、「喫茶ランドリー」のプロジェクトをベースとして、弊社のサービスの流れを左から右に時系列にまとめたものです。(赤い部分が弊社が、黄色の部分は、パートナーの建築家・設計事務所が行う部分となります。必要に応じて、青の部分を、パートナーの不動産会社が、担当することもあります。)具体的には、クライアント様やプロジェクトの体制に応じて、この表をアレンジしながら、対応させていただくことになります。