マックスバリュおゆみ野店 テラスリニューアル
事業主体:マックスバリュ関東株式会社
デザイン監修:株式会社グランドレベル
設計・監理:株式会社プログレスデザイン
施工:株式会社新日本工営
竣工:2020/10/16
設計期間:2020/8/1-9/23
場所:イオンタウンおゆみ野店内(千葉県千葉市緑区おゆみ野南5-37-1)
研修協力:喫茶ランドリー 本店

 

主なタスク
・コンセプトメイク「新しいスーパーのカタチ」
・企画書の作成
・現地調査、関連施設視察
・企業経営陣へのプレゼンテーション
・現場スタッフとの理念の共有
・新しいマインドセット構築
・設計デザイン監修
・インテリア、家具監修
・喫茶ランドリーでの研修
・オープン後の運営サポート

 

   
 

スーパーは公共的存在 だからこそあるべき軒先の姿

マックスバリュおゆみ野店 軒先リニューアル

 
 商業的なプログラムを持ちつつも、子どもから高齢者まで、あまねくさまざまな人々が利用し、日常生活に必須な機能である施設、 特にスーパーマーケットやコンビニエンスストアなどは、実は公共施設よりも公共的な存在です。では、まちにとってこれらの施設は本来どのようにあるべきなのでしょうか? そこではこれまで以上の役割を担うことができるはずだと、私たちはこれまで発信し続けてきました。
 
 そのような中で、今回マックスバリュ東関東株式会社より依頼を受け、マックスバリュおゆみ野店のリニューアルに合わせて、活用されていなかった店舗正面側の軒先空間周りをリニューアルすることとなり、グランドレベルがハード・そソフト・コミュニケーションのデザイン監修を行いました。
 
 近年、スーパーマーケットにはイートインスペースがつくられることが標準となっています。ただし、それらは購入したものを食べるためのスペースとして、お店の内側の発想から生まれたものでした。
 
 しかし、 “まちの中に存在するスーパーマーケット”という外からの視点を考えると、そこにつくられるべきものは、スーパーマーケットの軒先周りに、来店目的の人たち、通りがかる無目的な人たち、誰もが自由に過ごせる場所が風景として可視化されているべきだということを提案しました。
 

スーパーを正面側から見たビフォア(左)とアフター(右)。


 店内外、約120平米の空間は大きく変わりました。まず、天井高の高い既存の空間に籠もり感が出るように室内外にパーゴラを設えました。屋外の軒先空間は、個人でも家族でも、ゆったりと座れる大きなベンチやカウンターテーブル、可動のテーブルや椅子、後のアクティビティを高める黒板や屋台、可愛い水回りのシンクなどを、店内側には、ソファー席やテーブル席、掲示板など、さまざまな要素が、居合わせた人々同士が、良い意味で干渉し合うようにバランス良くデザイン・配置をしました。
 

使われて居なかった軒先に、誰もが気軽に佇める場所が生まれた。


 リニューアルオープン初日から、これまでにはない光景を見ることになりました。買い物目的ではない犬散歩のおじさんが休んでると「寒いですね」とスタッフが話しかけます。その後ろを「あの柴犬、可愛いね」と子連れの家族が通り、「あなたどこにいるの?」とスマホを片手の主婦がベンチに座ります。店内のテーブルでは子供たちが駄菓子を回し食べ、ソファーは高齢の方がゆったりと。外に出した屋台には「一杯コーヒーをください!」と引っ切り無しに人が訪ねてきます。そして、買い物帰りのご夫婦がカウンターで外を向いてゆっくりと過ごす。
 
 しかし、ここがプロジェクトのスタートとなります。喫茶ランドリーで研修を受けたスタッフの皆さんがファシリテートし、(グランドレベルのサポートをしながら)地域の人々とコミュニケーションを重ね、この軒先で自由に過ごしていただくこと、また 市民の皆さんの「小さなやりたい」を実現させてあげられる場所として機能していくことを目指していきます。
 
 「あのスーパーのあの場所が好き」そう市民に愛されていくことは、シビックプライドにもつながり、ゆくゆくは売り上げにもつながっていきます。マックスバリュ東関東様と共に、これまで担ってきた以上の役割を創出する、 新しいカタチのスーパーマーケット考えるプロジェクトがはじまります。

Ground Level × Acttiveness

高架下のコミュニティ再生

2020.10-|KOCA コワーキングスペース|大田区|株式会社@カマタ|企画・運営サポート

地域拠点 コミュニティ醸成

スーパーマーケットの軒先

2020.10|マックスバリュおゆみ野店|千葉県|マックスバリュ東関東株式会社|企画・設計・運営サポート

地域拠点 コミュニティ醸成 リノベーション


ヒューマンスケールの交通を

2020.10|トーキョートラムタウン構想 冊子|東京都|東京文化資源会議|コンセプトメイク

交通 ライフスタイル

新しい「里」の暮らし

2020.07|ヴェルコート牛田早稲田|広島県広島市|トータテ住宅販売株式会社・株式会社ブルースタジオ|ネーミング・コンセプトメイク・ブックレット

地域拠点 郊外型ライフスタイル

元酒屋の1階

2020.06|谷一cafe|福岡市|個人クライアント|企画・設計・運営サポート

地域拠点 コミュニティ醸成 リノベーション

長屋の1階

2020.06|ハタメキ|江東区・清澄白河|個人クライアント|企画・設計・運営サポート

地域拠点 コミュニティ醸成 リノベーション

住宅街の中心にゴミ捨て場

2019.12-2020.02|資源ごみ回収拠点実証実験|奈良県生駒市|アミタ株式会社・生駒市|設計・コミュニティ活性化サポート

地域拠点 コミュニティ醸成 資源循環

市役所の1階

2019.08-2020.03|和光市「市庁舎にぎわいプラン」基本計画策定支援業務|埼玉県和光市|グランドビジョン作成サポート・企画・設計・ワークショップ

地域拠点 コミュニティ醸成 リノベーション

団地の1階

2019.10|喫茶ランドリー ホシノタニ団地|神奈川県座間市|小田急電鉄|企画・設計・運営

地域拠点 コミュニティ醸成 リノベーション

 

ベンチでまちづくり

2019.10-11|TOKYO BENCH PROJECT 2019-2020|東京都中央区|企画・設計・運営

コミュニティ醸成 ウォーカブル ベンチでまちづくり

群馬のビジョンを考える

2019.11|群馬県次期総合計画策定 第16次群馬県総合計画策定懇談会|群馬県|グランドビジョン策定

グランドビジョン 観光戦略 地域拠点

全市民が起業家のタマゴ

2019.05|とかちのやりたい実現カフェ「LAND」|北海道帯広市|とかち財団|企画・設計

地域拠点 コミュニティ醸成 インキュベーション


フィットネスクラブの1階

2019.05|喫茶ランドリー 宮崎台|神奈川県川崎市|株式会社ティップネス|企画・設計

地域拠点 コミュニティ醸成 リノベーション


新しい郊外ライフの提案

2019.05|ネスティングパーク黒川|川崎市麻生区|小田急電鉄株式会社・小田急不動産株式会社|ネーミング・コンセプトメイク

地域拠点 職住近接 郊外型ライフスタイル

読み替え、楽しむ公開空地

2019.04|シブヤキャスト周年祭「READABLE!!!」|東京都渋谷区|東急株式会社|企画・運営

公開空地 プレイスメイキング シビックプライド

100人で考えるまちの未来

2019.02|市民100人で考える『十勝ドリームマップ2019』|北海道帯広市|帯広市・とかち財団|企画・運営

ワークショップ インキュベーション コミュニティ醸成


ゴミを捨てて、人と出会う

2018.10|資源ごみ回収拠点実証実験|宮城県南三陸町|アミタ株式会社|設計・コミュニティ活性化サポート

地域拠点 コミュニティ醸成 資源循環


共に暮らす楽しみを増やす

2018.06|ヴィンテージマンションのコミュニティ再生|東京都目黒区|個人|企画・運営サポート

地域拠点 コミュニティ醸成


私設公民館のプロトタイプ

2018.01|喫茶ランドリー|東京都墨田区|自社|企画・設計・運営

地域拠点 コミュニティ醸成 リノベーション
2018グッドデザイン特別賞 グッドフォーカス賞(地域社会デザイン)受賞 リノベーション・オブ・ザ・イヤー2018 無差別級最優秀賞受賞 

ベンチで神田のまちづくり

2017.10|神田ベンチプロジェクト|東京都千代田区|神田警察通り賑わい社会実験実行委員会|企画・運営

コミュニティ醸成 ウォーカブル ベンチでまちづくり

ふるまいがあふれる広場

2017.11|シブヤ パブリック サーカス|東京都渋谷区|東急株式会社|企画・運営

公開空地 プレイスメイキング シビックプライド

都会の遊休地に暮らす

2014-|アーバン キャンプ トーキョー|東京都千代田区ほか|企画・運営

公開空地 空地利活用 観光戦略

まちに出て無料でふるまう

2014-|無料で振る舞うマイパブリック屋台プロジェクト|全国|企画・運営

ワークショップ 空地利活用 コミュニティ醸成

住みながら住人を育む

2016.10-2017.03|ミノハテラスコミュニティ活性化プロジェクト|大阪府箕面市|株式会社ブルースタジオ|企画・運営

コミュニティ醸成 空地利活用 ワークショップ