公開空地活用の新しい発明

パブリックサーカス

 
キーワード:郊外、住宅、コミュニティ、リノベーション
 
 東京都渋谷区にオープンした「渋谷キャスト」ビルの足元に広がる公開空地でのイベント企画の依頼。エリアマネジメントという名の下に、公開空地の活用を目指すイベントは全国各地で行われていますが、 そのほとんどは闇雲に、何を売り、何で集客を生み出すかという、従来の消費型に終始しがちです
 
 グランドレベルは、公開空地の活用を考えるにあたり、まずはそこに暮らすひとびと、そこを通りがかるひとびとが、その公開空地でどのような気持ちになるかという「ひとのこころ」から考えます。もし、少しでもしあわせな体験を提供できれば、それがその場所を愛する気持ちへと昇華し、結果として経済的な効果にもつながるからです。
 
 そこでわたしたちは、一切消費をしないイベントを提案しました。これまでグランドレベルが全国で開催してきたワークショップ参加者を中心に、「フリー=無料」でふるまうことを楽しむひとびとを集結。全体をサーカスと見立てて、DJ、ヘアアレンジ、マジック、数学、コーヒーなど、さまざまなモノやコトを、各々にふるまっていただきました。ふるまいそのものは、コミュニケーションのきっかけにすぎません。そこから発生する、ちいさな会話や出会いといった発見的な体験が、この場とひとびととの距離を縮めていきます。
 
 最終的にこのイベントは、渋谷キャスト始まって以来の来場者で賑わいました。 金銭のやりとりを1円もせずに、このような場をつくることができる。今後も可能性のある場所で、「パブリックサーカス」を展開してきたいと考えています。
 

タイトル:『シブヤパブリックサーカス』
日時:2017年10月15日(日)11:00-18:00
場所:渋谷キャスト前広場「渋谷キャストガーデン」
主催:co-lab/春蒔プロジェクト株式会社
企画:株式会社グランドレベル
制作:株式会社グランドレベル、春蒔プロジェクト株式会社
協力:渋谷キャスト事業主体:渋谷宮下町リアルティ株式会社(東京急行電鉄株式会社、大成建設株式会社、サッポロ不動産開発株式会社東急建設株式会社の4社が出資)

 

 

 
 

Ground Level × Acttiveness


1階づくりサポート 

喫茶ランドリー事業

集住の1階づくり

再開発まちづくり

パブリックハウス

ベンチでまちづくり

コミュニティ醸成

公園リノベーション

パーカナイズ

グランドビジョン策定

パブリックスペース活用

日常型観光づくり

広報メディアづくり

グランドレベル研究所 

講演・モデレーション